スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.04.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

殿様ランチ稽古場日記「いよいよ明日開幕です!」

こんばんわ!!杉岡です。

さぁさぁ、いよいよ23日より、新宿眼科画廊にて殿様ランチ規格外公演「MIYAZAWA 」が始まりますよ!!

是非是非お待ちしてます!
明日は若干お席あります!
なのでご連絡お待ちしております!

今回会場はかなりアットホームに攻めているので、お気軽に、お気軽にお越し頂ければと思います。


今日は最終稽古でしたが、スタッフさんに来ていただいて撮影や、
録音などを中心に撮り、編集したものに合わせての稽古をしました。

夜からは、カイロ団長、セロ弾きのゴーシュ、猫の事務所、注文の多い料理店、全て通しました。


最終調整をし、おのおの確認し、明日の17時に向けて更に詰めて行きたいですね!!


23日以降はまだまだお席ある回もありますので、是非是非ご予約お待ちしております!



殿様ランチが「宮沢賢治」と遊びます。今回の公演は、宮沢賢治の残した多くの作品から、いくつかの短編を板垣雄亮の脚本・演出でお送りします。

板垣が結構昔から本気でやりたかった事をギュッと詰め込んでいつもの殿様ランチとはまた違う味わいの、不思議で濃密なひとときをお送りいたします。
殿様ランチがお送りする「宮沢賢治」の世界に是非ご期待下さい!


上演予定作品

楽団でチェロを弾く男の家を訪ねてくる動物達との不思議な交流を描いた
「セロ弾きのゴーシュ」

猫のための猫による事務所内で起こる猫種差別を描いた問題作
「猫の事務所」

とのさまがえるの巧妙な罠にはまってしまったあまがえる達の運命を描く
「カイロ団長」

そして説明不要のみんなご存知
「注文の多い料理店」
の4篇をお送りします。


殿様ランチ 秋の規格外公演2012
「MIYAZAWA」〜宮沢賢治のいくつかの短編より〜
原作:宮沢賢治
脚本・演出:板垣雄亮
2012年11月23日(金)→28日(水)

会場:新宿眼科画廊
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11
JR新宿駅東口より徒歩12分
地下鉄東新宿駅より徒歩6分
地下鉄新宿三丁目駅より徒歩7分

公演スケジュール ※全16ステージ
23(金) 17:00/20:00
24(土) 14:00/17:00/20:00
25(日) 12:00/15:00/18:00
26(月) 14:00/17:00/20:00
27(火) 14:00/17:00/20:00
28(水) 15:00/19:00

出演
杉岡あきこ/平塚正信/小久保剛志/相樂孝仁/小笠原佳秀/板垣雄亮
後藤いくみ/竹岡常吉/杉村こずえ/服部ひろとし

料金(日時指定・自由席・税込)
一般前売:2,000円 当日:2,500円
再見チケット:1,000円



宮沢賢治作品読んだことある人も、読んだことない人も、楽しんで頂けること間違いないない作品ですわ!

宮沢賢治の世界観は残しつつ、殿様ランチ色に味付けされた作品を、是非ご期待下さい!

「いよいよあと3日。」

相樂です。
 
本日も新宿眼科画廊にて本番に向けて着々準備を進めて参りました。
 
 
本日はアマガエル達の奴隷物語「カイロ団長」、そして、チェロの上達と動物達の触れ合いを描いた「セロ弾きのゴーシュ」のブラッシュアップに重点を当て完成度を高めました。
 
今までの稽古で積み重ねたものに衣装や小道具も重なり、さらに厚みが増しました。
 
 
服部ひろとし氏演じるカイロ団長はロックテイストバリバリで宮沢先生も唸る出来映えではないかと、そう思っております。

 
そして殿様ランチの小久保が演じますゴーシュ。
 
前回のブルースハープに続き、今回はチェロをどう料理するのか期待してご来場ください。
 
 
 
20121120191219.jpg
 
 
濃密な時間になることをお約束します。
 
 
 
殿様ランチ 秋の規格外公演2012
「MIYAZAWA」〜宮沢賢治のいくつかの短編より〜
原作:宮沢賢治
脚本・演出:板垣雄亮
 
日程:2012年11月23日(金)→28日(水)
 
会場:新宿眼科画廊
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11
JR新宿駅東口より徒歩12分
地下鉄東新宿駅より徒歩6分
地下鉄新宿三丁目駅より徒歩7分
 
公演スケジュール ※全16ステージ
23(金) 17:00/20:00
24(土) 14:00/17:00/20:00
25(日) 12:00/15:00/18:00
26(月) 14:00/17:00/20:00
27(火) 14:00/17:00/20:00
28(水) 15:00/19:00
 
出演
杉岡あきこ/平塚正信/小久保剛志/相樂孝仁/小笠原佳秀/板垣雄亮
後藤いくみ/竹岡常吉/杉村こずえ/服部ひろとし
 
料金(日時指定・自由席・税込)
一般前売:2,000円 当日:2,500円
再見チケット:1,000円
 
チケット発売:2012年10月7日(日) 10:00
 
上演作品候補
 
カイロ団長
猫の事務所
注文の多い料理店
セロ弾きのゴーシュ
 
 
 
そろそろ完売の回も出て参りました。
 
スケジュールがおわかりでの方、新宿眼科画廊にてお待ちしております。
 
 
余談ですが、本日は花園神社にて酉の市ということでお祭りに行ってきました。
 
 
 
20121120232625.jpg
 
見せ物小屋の入り口。
 
初めて「蛇女」見ました。
 
生きた蛇を女の人が食いちぎり、血を飲み干していました。
 
800円の価値がある見せ物で、もう少し酔っぱらっていたら危うく周りに迷惑をかけました。
 
 
そんな花園神社の裏手に新宿眼科画廊があります。
 
お待ちしております。
 
 
 

「転がる石」殿様ランチ稽古場日誌

こんばんは。小久保です。

開幕に向けての作業が着々と進んでおります。

本日は稽古の合間にオープニングの仮映像のチェックを行いました。

殿様ランチの公演では、ほぼ毎回オープニング映像を流しているのですが、今回も良い感じの映像に仕上がりそうです。
宮沢賢治のその巨大な存在感・世界観に挑むちっぽけな出演者たち、というような、闘争心を高めてくれるような映像でした。

いままでの稽古を振り返ると、なるほどやはり宮沢賢治の力は偉大というか、その大きな手のひらの上で我々は転がされ続けてきたのかなぁと思います。

恐らくこれからもその手のひらの上で転がり続けるのでしょうが、ただ転がり続けるだけでは能がないので、最後までなんとか工夫をして、宮沢賢治に立ち向かう、というかなるべく楽しく遊べたらいいなぁと思っています。そして現在はその作業の真っ最中です。

「MIYAZAWA」は、いよいよ今週金曜日に開幕です。


殿様ランチ 秋の規格外公演
「MIYAZAWA」〜宮沢賢治のいくつかの短篇より〜

【原作】宮沢賢治
【上演脚本・演出】 板垣雄亮
【公演期間】2012年11月23日(金)→28日(水)

【タイムテーブル】(各回開演時間が違います。ご注意ください)
11月 23日(金)     17:00/20:00
   24日(土) 14:00/17:00/20:00
   25日(日) 12:00/15:00/18:00
   26日(月) 14:00/17:00/20:00
   27日(火) 14:00/17:00/20:00
   28日(水) 15:00/19:00

【会場】
新宿眼科画廊  スペース地下
〒160-0022
東京都新宿区新宿5−18−11
事務所:03-5285-8822 (12:00~20:00)
アクセス:東京メトロ新宿三丁目駅 E1出口より徒歩7分
JR新宿駅東口より徒歩12分

【チケット料金】(日時指定・自由席・税込)
一般前売:2,000円 当日:2,500円
再見チケット:1,000円 (受付時にチケット半券をご提示ください)

公演詳細はコチラ
http://www.tonosamalunch.com/

「本物」殿様ランチ稽古場日誌

こんばんは!小久保です。

「MIYAZAWA」開幕まで一週間を切りまして、いよいよ慌ただしくなってまいりました。

本日は劇中で使う音源の収録作業をメインで行いました。

チェリストの方にお越しいただきまして、「セロ弾きのゴーシュ」で流れる曲を弾いていただきました。

やはり本物の音は凄いもので、その場にいた人間全員が一気にその音に聴き入っていました。

私も真近でチェロの音色や、チェリストの方の息づかいを聴くのは初めてでしたので、月並みな言い方ですが、とても感動を覚えました。

弾き終えた後には自然とみんなが拍手をしていました。
私もとてもいい気持ちで手をたたいていました。

これから開幕まで、みっちりと調整・研磨の日々が続きます。

きっと、愉快なものが出来上がるんじゃないかなぁ、と感じています。

あと一週間で開幕です。
ご予定はいかがでしょうか。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。


殿様ランチ 秋の規格外公演
「MIYAZAWA」〜宮沢賢治のいくつかの短篇より〜

【原作】宮沢賢治
【上演脚本・演出】 板垣雄亮
【公演期間】2012年11月23日(金)→28日(水)

【タイムテーブル】(各回開演時間が違います。ご注意ください)
11月 23日(金)     17:00/20:00
   24日(土) 14:00/17:00/20:00
   25日(日) 12:00/15:00/18:00
   26日(月) 14:00/17:00/20:00
   27日(火) 14:00/17:00/20:00
   28日(水) 15:00/19:00

【会場】
新宿眼科画廊  スペース地下
〒160-0022
東京都新宿区新宿5−18−11
事務所:03-5285-8822 (12:00~20:00)
アクセス:東京メトロ新宿三丁目駅 E1出口より徒歩7分
JR新宿駅東口より徒歩12分

【チケット料金】(日時指定・自由席・税込)
一般前売:2,000円 当日:2,500円
再見チケット:1,000円 (受付時にチケット半券をご提示ください)

公演詳細はコチラ
http://www.tonosamalunch.com/

殿様ランチ稽古場日誌 「一週間前のお知らせです」

CameraZOOM-20121107202526593.jpg

板垣です。

ただいまじっくり準備中でございます「MIYAZAWA」
いよいよ23日(金)開幕でございます。

あの「宮沢賢治」の少し不思議な世界観をどう舞台化するか。
ここが非常に難しいところですが。
ご心配なく。
皆様にしっかり楽しんでいただけるように製作中です。

稽古はいよいよ大詰めです。
少々熱が入りすぎた様子で、ほとんどがぶっ倒れながら稽古してます(写真)

明日からいよいよ会場の「新宿眼科画廊」に入りまして、みっちり1週間、23日の開幕に向けての最終的な調整作業に入ります。

ご来場の日時はお決まりでしょうか。
ご予約は殿様ランチホームページからしていただけます。
是非ご利用くださいませ。

殿様ランチのお送りする宮沢賢治に是非ご期待ください。
皆様のご来場をお待ちしております。


殿様ランチ 秋の規格外公演
「MIYAZAWA」〜宮沢賢治のいくつかの短篇より〜

【原作】宮沢賢治
【上演脚本・演出】 板垣雄亮
【公演期間】2012年11月23日(金)→28日(水)

【タイムテーブル】(各回開演時間が違います。ご注意ください)
11月 23日(金)     17:00/20:00
   24日(土) 14:00/17:00/20:00
   25日(日) 12:00/15:00/18:00
   26日(月) 14:00/17:00/20:00
   27日(火) 14:00/17:00/20:00
   28日(水) 15:00/19:00

【会場】
新宿眼科画廊  スペース地下
〒160-0022
東京都新宿区新宿5−18−11
事務所:03-5285-8822 (12:00~20:00)
アクセス:東京メトロ新宿三丁目駅 E1出口より徒歩7分
JR新宿駅東口より徒歩12分

【チケット料金】(日時指定・自由席・税込)
一般前売:2,000円 当日:2,500円
再見チケット:1,000円 (受付時にチケット半券をご提示ください)

公演詳細はコチラ
http://www.tonosamalunch.com/



殿様ランチ稽古場日誌「テンション上がる」

121114_181201.jpg

小笠原です。

板垣が苦笑いしながら稽古場に現れて稽古が始まりました。

まずは本物のチェロを目の当たりにして皆騒然としまして、なかでも小久保のテンションが今年一番上がりました。
弦楽器って、しかもチェロってあんなに大きくてあんなに良い音が出るんですね。芝居と組み合わさった時が想像もつきません。

稽古の演目はセロひきのゴーシュから。
映像を作成してくださる方もいらしてくださいまして、どこで映像が入るのか、どういう映像にするのか、そのあたりも打ち合わせつつ稽古が進みました。

これは僕の主観ですが、皆肩の力が抜けてきて演技にゆとりが生まれてきているように見えました。

しかも今日は曲合わせの細かい演出もつき、いよいよもって本番が近いなと感じました、これ書いててちょっと緊張してきましたよ。

その後は打ち合わせも兼ねて、猫の事務所、カイロ団長、注文の多い料理店、もいちどセロひきのゴーシュを一通り通しました。

衣装も一部合わせて通したんですけどね、よりイメージが現実に近づいて来ます。

そんなMIYAZAWAは来週開幕致します!


ちなみに今日一番響いた台詞は「なんだあいつ」です。

小笠原でした。

殿様ランチ
秋の規格外公演2012
「MIYAZAWA」
〜宮沢賢治のいくつかの短篇より〜

いよいよ11月23日(金)開幕。
公演詳細はこちらから。
http://www.tonosamalunch.com/



「アクシデント」殿様ランチ稽古場日誌

 
こんばんは!小久保です。

「MIYAZAWA」開幕まであと10日となりました。
稽古も密なものになってきています。

本日は「カイロ団長」を中心に稽古しました。
この物語は、働き者のあまがえる達が、ある日の仕事帰りにとあるお店にふらっと立ち寄るところからはじまります。

計算高いとのさまがえる(カイロ)が経営しているお店。
そこに入ってしまったばかりにあまがえる達はさまざまな仕打ちにあってしまうのです。
カイロの理不尽な仕打ちの日々が続き、持ち前のチームワークでしのいできたあまがえる達の精神力が限界に達したそのとき、いったい何が起きたのか…。というお話です。

本日の稽古ではカイロの悪党っぷりをさらにブラッシュアップ。
カイロがあまがえる達に虐待を加えるシーンでは熱が入りすぎて、実際に流血してしまうアクシデントも。
そしてあまがえる達の悲哀を引き立たせる演出も加えられ、搾取する側とされる側の対比がさらに明確になりました。

今回は悪党・カイロ役に服部ひろとし氏を、あまがえる達のリーダー役に小笠原佳秀を配し、妥協なき稽古によって皆様に美味しく召しあがっていただけるような作品に仕上がってきております。

この擦れ切った現代社会。そんな世の中に贈る一服の清涼剤のような作品です。
ぜひ、みなさまにご覧になっていただきたいです。

殿様ランチ
秋の規格外公演2012
「MIYAZAWA」
〜宮沢賢治のいくつかの短篇より〜

いよいよ11月23日(金)開幕。
公演詳細はこちらから。
http://www.tonosamalunch.com/



「カイロ団長」殿様ランチ稽古場

火曜日担当のサガラです。
 
元気いっぱいに火曜日をすっ飛ばしましたー。
 
本日の水曜担当とともにお送りします。
 
 
本日は「カイロ団長」と「注文の多い料理店」でございました。
 
ザックリと作り始めている段階ですが、これから殿様ランチらしく色々と味付けされていきます。
 
さてさて今回の新宿眼科画廊は約30人ほどで
席が埋まってしまいます。
 
頑張って詰めて詰めて…みたいなことが出来ないらしいので、もしスケジュールがお決まりの方はお早めにどうぞ。
 
 
宮沢先生の作品と共にお待ちしております。
 
 
あ…帰りにちょうどカイロ団長を見ました。
都心にもいるんですね。
 
 
20121017225859.jpg
 
 
結構デカくて美味しそうでした。
 
 
サガラコウジン

殿様ランチ稽古場日誌「イーハトーブ」

どうも小笠原です。
水曜日、担当の小笠原です。

今日も稽古は充実したものになりました。もうね、賢治風に言えばイーハトーブですよイーハトーブ。イーハトーブつうのは賢治の造語らしいんですが、理想郷を指している言葉なんですって。でも東北人はイーハトーブって聞くと八波一起ヲオモイダスカナシサ。

そしてこれ書いてる最中に転倒した際のおっちゃんに携帯を叩き落とされるカナシサ。携帯ちょっと欠けタ。凹ム。

まあとにもかくにも「MIYAZAWA」の理想郷目指して邁進あるのみですわ!

小笠原でした。

殿様ランチ稽古場日誌「朗読公演ではありません」

こんばんは!小久保です。

だんだんと朝晩肌寒くなってきましたね。私の周りでも体調を崩している人が多いです。どうぞご自愛くださいませ。

さてさて「MIYAZAWA」ですが、開幕まであと40日ほどに迫っておりまして、現在猛烈にセリフを身体にブッこんでいるところです。

宮沢賢治というと「朗読」をイメージされる方もいらっしゃるかと思いますが、今回の公演は朗読ではなく、いつも通りの芝居で宮沢賢治作品を表現いたします。

そして今回上演予定の4作品ですが、みなさんご存知の作品もあれば、そうでない作品もあるかと思います。

例えば「猫の事務所」。

これはもうすごいです。登場するのは全てネコ科の生き物です。ネコ指数120%の問題作です。しかしご安心ください。演じるのは人間ですので、猫アレルギーの方も問題なくご覧いただけるつくりになっております。どうぞご期待ください。

明日は、いつも元気いっぱい、稽古場の太陽ことサガラがお送りいたします。こちらもお楽しみに。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM